【番外編】「Apple Watch アップルウォッチ 充電 切れた 改札 Suica」の検索が必要になった時の備忘録

f:id:kozureryugaku:20190908113407p:image

Apple Watchを昨年の暮から使っています。色々便利ですが、私が便利に使う機能のトップ、それは、

「家の中でiPhoneを探す」

これは予想以上に頻繁に使っています。決まった場所に置いておけよっていう話なのは重々わかっているのですが。

それと同じくらい使っているのがSuica機能。Apple WatchにSuicaを入れておけば、手首をかざすだけで改札が通れます。バッグの中やポケットを改札前でごそごそ探すという行為がなくなったことは私には非常に大きかったです。決まった場所にしまっておけよっていう話なのは重々わかっているのですが。

しかし、盲点がひとつありました。それがこのタイトル通りの出来事。昨日、Apple Watchの充電が電車に乗っている間に切れてしまいました。このままでは改札を出られません。

このような場合どうしたらよいのか、検索するといくつかの方法が出てきますが、最も簡単なのは「窓口で事情を話す」ことです(←シンプルすぎ)。

f:id:kozureryugaku:20190908113421p:image

窓口で「充電が切れてしまったのですが」と事情を話すと、こういうことは日常茶飯事なんでしょうか、駅員さんは顔色ひとつ変えませんでした。

まず、どこから乗車したかを聞かれます。乗車分の料金を支払う必要があるのですね。お金を払うと「処理連絡票」という名の紙をくれ、改札を開けて通してくれます。

次回改札を入る際、この処理連絡票を窓口に出し、Apple WatchのSuicaを解除してもらって終了です。

いずれにしても充電はこまめにということですね🔌