【番外編】再利用しすぎた使い捨てマスクを新品そっくりに蘇らせる方法について

f:id:kozureryugaku:20200402160641p:plain


何年かぶりにミシンを買いました

安倍首相が全世帯に2枚ずつマスクを配ってくれるそうですね。

アベノマスク政策を露ほども期待していなかった私は、この2日前、思い切ってAmazonでミシンを購入しました。昔持っていたミシンは、子供が小さい頃に使って以降ほこりをかぶっていたので、自分の2度目の嫁入りの際(つまり今から4年ほど前)、処分してしまっていました。今も服を縫ったりなどの裁縫は全くできませんが、電動ミシンで直線縫いをするぐらいなら、なんとかできます。

アマゾンで注文した翌日、おもちゃかと見紛うほどのかわいいミシンが届きました。

これです。

f:id:kozureryugaku:20200402170500p:plain

Moregemというメーカーのミシン、モレゲン?モレジェン?聞いたことない、韓国?中国?検索してみたら、深圳にある資本金100万円ほどのベンチャー企業らしいです。

モアジェムと読むそうです。

電動ミシンやスチームアイロンでよく見かけるMoregemって? | Amaviser

ミシンが8000円台で買えるって、なんか騙されてるんじゃない?と思いましたが、直線縫いだけのために2万も3万もかけたくなかったので、騙されたと思って買ってみたところ、全く問題なく使えました。昔のミシンと違って、足でペダルを踏む必要がないのね。感動!!誤って2度クリックしたため、同じ物が2台届いてしまったのですが、そんなことはさておき。

簡単手作りマスクはちっとも簡単じゃない

ネットで「マスク、手作り」と検索すると、様々な作り方がでていますよね。

私も立体マスクの型紙をダウンロードし、試作してみました。

しかし、、、。

立体マスクの簡単な作り方といいつつ、型紙をあてて裁断して、縫ってハサミで切り込み入れてアイロン当てて、裏地と合わせて縫って・・・・あー、もういやっ!!!

 

不器用な自分には難易度が高すぎました。

 

もっと簡単な方法はないかしら?もちろん、ハンカチを折ってゴムをはさんで出来上がり、みたいなのはあるのですが、そういうんじゃなくて、そこそこ見栄えがしてしかも超簡単にできる方法。

 

さらしを使って使い捨てマスクを再利用

そんな折、近所の手芸屋さんの店頭にマスク材料としてさらしが置いてありました。

普段は閑古鳥が鳴いている町の手芸屋さんなのにこの非常時おばさん達で大繁盛です(含む自分)。

私もさらしを一反と、ゴムを買って帰りました。

手元には何度も洗濯しヨレヨレになった使い捨てマスクの山。でも捨てるのはもったいない(もったいないっていう感覚も久しぶりかもしれません)。

これを、見た目新品同様に蘇らせることにしました。

もちろん、フィルタ機能は戻りませんが、でも、自分の飛沫を防ぐのには役立つはずです。

作り方の手順f:id:kozureryugaku:20200402160707p:image

まず、用意するのは、分解した使い捨てマスクと、それよりやや広めの幅のさらし。

 

f:id:kozureryugaku:20200402160729p:image

さらしを二つ折りにして、両側にミシンをかけます。手縫いでもOKです。

 

f:id:kozureryugaku:20200402160755p:image

両サイドをミシンをかけたら、使い捨てマスクを上にのせ、そのまま一緒に表にひっくり返します。中に使い捨てマスクが入った状態の袋が出来上がります。

 

f:id:kozureryugaku:20200402160819p:image

袋の口をミシンがけします。

 

f:id:kozureryugaku:20200402160843p:image

両側にひだをつくり、ミシンで押さえます。

ゴム紐をつけたら完成です。

紐の部分をかわいい色の刺繍糸で止めると、若干オリジナリティーがでますね。

 

さらしはまだ手に入るようです。もちろん、余った布を使ってもよいと思いますが、さらしの肌触りはなんとも心地よい。みなさんも試してみてください。