《6》禁断の?ダイエットジムに入りました: 2週間でわかった。ダイエットジムは効果あり。ただし問題は、、、

f:id:kozureryugaku:20201120182901p:image

さて、全16回のワークアウトも3回、4回と回を重ねると、筋トレ初心者の私もだいぶ慣れてきました。初回で早くも挫折しかかったスクワット、自重でなら普通にこなせるようになり、バーベルを担いで行う次のステップへ。あんなにひどかった頭痛ですが、呼吸のコツを覚えたせいでしょうか、完全とまではいいませんが、95%なくなりました。

「そのうち慣れてきますよ」と言ったトレーナーさんの言葉は嘘じゃなかったということですね。

しかし、毎回毎回ヘロヘロになるのは変わりません。プログラムでは、上半身を鍛えた次の回は下半身という風に、おおむね中2日のインターバルを経て、鍛える部位を変えます。私の筋肉も回を重ねるごとにそれなりについてきているようで、前回よりも必ず負荷を多めにしたメニューが組まれます。

なので、なんだか今日は楽だったわー、という回がひとつもありません。楽しいかと言われたら、やっている最中は全然楽しくない。終わると生まれたての子鹿に変身すると同時に、達成感をほのかに味わうことはできる。もうダメ、死ぬ、と思った時には、あの萌子サマの「辛い時が成長している時」という言葉を思い出し、最後の力を振り絞るのでした。

どこかのサイトに、筋トレでやる気が出ない時どうしたらいいかという相談に対して、なるほど筋トレとはこういうものなのか、と私にとっては目から鱗の回答をしている人がいました。まあ、経験者には当たり前の話かもしれませんが、少なくとも私はそういう考え方をしたことがなかったので、ものすごく新鮮でした。

いわく、10回1セットのワークアウトのうち、9回までが自分の限界だと思ったとする。その上で、最後の1回、残っていない力をなんとか振り絞る。そうすることで初めて筋力がつくのであって、その最後の1回をもうダメだと諦めたら、それまでの9回が全て水の泡になるのだと。そんな内容だったと思います。リンク先を探したのですが、検索してもうまく見つかりません、、、。とにかく、大筋はそんな内容だったと思います。

f:id:kozureryugaku:20201120164527p:image

さてさて、あっという間に2週間がたち、5回目のワークアウトの測定では、体重62.7キロ(1.2kg減)、体脂肪率30.4%(1.6%減)と、途中経過としては十分な成果が得られました。内臓脂肪レベルも当初の7.5から6に変化。人間が1ヵ月に落とす量は、自分の体重の5%以内に止めなければいけないそうですから、ペースとしてはまずまずではないでしょうか。

f:id:kozureryugaku:20201120160301p:image

顔がなんだかすっきりしてきたよ、と夫に言われ、試しに1ヶ月前にはパツンパツンでとても不恰好だったワンピース(竹岡眞美ちゃんのお見立て)を着てみると、、、なんと、入るようになったではないですか!嬉しい〜!いまにもボタンがはじけて飛んでいきそうになっていたシャツも、普通に前がしまるようになりました。

ダイエットジムは効果あり。これは確かです。問題は、この食生活と運動習慣を継続する仕組みを、生活の中に取り入れられるかどうかです。それが難しいから、知らず知らずのうちに元に戻る人が多いんだろうなあ、と改めて私は思いました。

考えてみれば、いま私が英語のオンラインサロンに入っているのだって、せっかく覚えた英語を忘れないためです。既に話せるでしょ?なんで?と不思議がられることもありますが、要するに英語脳の筋トレです。何かを習得したら、必ず継続することがついてまわる。これって、おおげさではなく価値観とか人生観を変えるところまで持っていくという覚悟がいるんだろうなあと思いました。

f:id:kozureryugaku:20201120160321p:image

実は、今回トレーナーさんからレクチャーされた、ダイエットにまつわる食事や運動のことは、もう何年も前から、友人の勝間さんに直接この耳で聞かされてはいました。栄養のないカロリーをとることや、飲酒、白米や小麦粉をとることや、果糖・ブドウ糖・液糖をとること、どれも太る原因だと、様々な折に聞いてはいました。しかし、、、それらの言葉は私の右の耳から入って左の耳に抜けていき、、、、自分ごととして真面目に考えたことは、、、ゼロじゃないけど、殆どなかったです。

そして、もうひとつ。似たようなことですが、夫からの鋭い指摘があり、なるほどなあと思ったことが。

それについてはまた次回。

つづく。